2017-11

« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»
entry_header

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_footer
entry_header

昨日のブログ大解明

彼氏がお友達と飲んでる時に、誰か女の子を呼ぼうみたいな
ノリになったらしいです、で、彼氏のお友達が次々に
女の子にメールを送り出して、彼氏も自分の知ってる女の子に
メールを送ったんです。

そのお友達達も彼女がいるのにそんなことをするなんて
最低だと思いました。


私がそのメールを発見してしまい、大喧嘩になりました。


彼氏は自分から女の子にメールを送るタイプではないということは
私が一番知っているし、そんなヤツじゃないと思ってました。
事務的な用事以外で異性にメールを送らないというコトも決めてました。



だから彼氏を信用できなくなったし裏切られた気分にもなりました。
そして昨日のブログを書きました。



彼氏は本心では純愛を欲してるケドとても流されやすい性格デス。
そんな性格はたぶん直らないのだろうなぁ。





彼氏をまた心から信用できる日が早く戻ってきてほしい

やっぱり彼氏が好きだから…




彼氏も言ってました、may以上にカワイイ子はなかなか現れないと思うし
なのに自分のしてしまったことに後悔してる
今考えれば自分があんな行動をあの時したことが信じられない
mayと1年付き合ってるケドその間にこんなメールを送ったことはなかった

…って。




とりあえず言葉のまま信じてあげよう。


後悔するなら最初っからするなぁぁ。


まぁ彼氏にこっぴどく叱っておいたのでもうしないでしょう。




私の考えは今時にしては随分おかたいのかもしれません、
でもそれが私。
彼氏も今時にしては随分おかたい考え、
でもそれが彼氏。


それを受け入れた上で付き合ってるんだから
もちろん守らなきゃいけないのは当然のこと。





次同じことをするようなら本気で別れます。
彼氏もそのコトに了承しましたし、とても自分の軽はずみな行動に
後悔していました。その反省の態度は嘘じゃないと思います。
なんせ1年も暮らしたのですから嘘ついてたらスグわかります。




…というワケですわww
スポンサーサイト
entry_footer
entry_header

親愛なる君へ

私、一途に君を想い続けてもいいんだよね?

私、君の事信用してもいいんだよね?

君は私の事、裏切らないよね?

嘘つかないよね?

私を傷つかせないって約束してよ

ねぇ…





人には感情があるから

これほどさまざまな思いを抱く

それならいっそのこと私は

感情なんてない生き物になりたかった

弱虫と言われようがかまわない

誰か悲しみの無い世界へ連れてって

もう傷つきたくない…
entry_footer
entry_header

親愛なる君へ

君と歩みだして1年が経ったね

それは口では言い表すことができないぐらいに

中身が詰まった素晴らしい日々だったね

様々な想いを抱きながら…

私の案外深かった古傷が開いてしまったこともあった

でも過ぎてしまえばあっという間だね

私は君と共に人生を歩めていることを

とても嬉しく思う

君がいるから頑張れる




愛って

形が無いゆえ不安になる

でも

形が無いゆえ美しい

形が無いゆえ絆というものが生まれる

絆が生まれるから恋は愛になる




君の事愛してるって言ってもいいかな?

愛してるって

世界で一番愛してるって








entry_footer
entry_header

親愛なる君へ

やはり時間は残酷な生き物

昨日という日は誰も踏み入れることのできない道

明日という日は誰もが知りえない深い闇



だから常に君を精一杯愛したい

君に私を刻みたい

そして精一杯君を受け止める




君が優しく見つめる先に私がいることの喜びを噛みしめ生きている

君を待ち続けていてよかった

傷つくことになれてしまっていた私・・・

この幸せはいつまで続くの?

永遠なんて言葉信じてる私がここにいる


いつの日か、自分が築いてきた道を振り返っても

自分を見失わずに生き抜いてきた道であるよう

私は生きる













entry_footer
entry_header

空からの贈り物

昨日私が住んでいるところでもついに雪が積もりました
積もってるのを見たの何年ぶりだろう
なんだか嬉しくなったので何の防寒もせず
真夜中の雪の降る広場に繰り出した彼氏サンと私のお話
(彼氏サン若干22歳、私若干21歳)


私「え~い
雪を彼氏サンに向かって投げる

彼氏サン「やったなぁ
私も雪を投げられる

ラブラブなカップルの楽しそうな笑い声が高音と低音のハーモニーを奏でる


だんだんエスカレートしてくる


私「とりゃツツ

彼氏サン「あはは
笑いながらも大量の雪を顔面に投げる

私、大量の雪をeating←もちシロップなし


二人ともふと我に帰る。


(冒頭でもお伝えしたとおり、何の防寒もしてません
私にいたっては、スカートに素足でサンダル(笑。
もち手袋なんかしてません)







彼氏サン&私「え~い(笑。」

ラブラブなカップルの楽しそうな笑い声が高音と低…





数分後には彼氏サン&私はちゃんと部屋に戻った…

…とさ



その後はご想像にお任せしまぁす
あんなぁこと~こんなぁこと~




キスだけじゃイヤ…




にゃぁぁあ
entry_footer

side menu

side_header

プロフィール

may

Author:may
大阪出身デス☆

歯学部通ってまぁす☆

1984年9月13日生まれダヨ☆

座右の銘→デザートは別腹!!!
(第二のお腹は肺なんだそうデス。だから、デザートは肺に入っていくんだとか(笑。by黒猫)

‘信用’って最も清く、最も儚い。
信用できる相手がいる人はその人を失っちゃダメだよ☆

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

side_footer

side menu

side_header
side_footer
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。